誰にも言えない悩みの手助けとなるパートナー探し

自分自身が望む、準備と対策を

依頼内容とその目的

探偵に依頼する内容は人によってそれぞれです。
内容によって探偵の得意・不得意があるのも事実なので、自分が依頼したい内容に合わせて探偵を探しましょう。
依頼する際は、その依頼に対し過去に実績があるかも併せて確認しておくことでより良い結果が期待できるかもしれません。

内容を明確にしたら、依頼目的を決めましょう。
例えば、夫の浮気調査を依頼するとしましょう。

1、夫が浮気している事実を知りたいだけ
2、夫との関係を修復したい
3、離婚したい

など結末は様々です。

ご自身が結果どうしたいかを先に考えておくことで、調査を依頼する際に相手方に分かりやすく的確に伝えることができ、相手方も事前に準備を進めることができる為、スムーズに進めることができるというメリットに繋がります。

少しでも早く問題を解決するために、事前準備を済ませておくと良いでしょう。

目先のことだけでなく、アフターフォローも

どうしても目の前の問題だけを解決させることを考え、その後のことはなんとかなると思ってしまう方も少なくはないと思います。
もちろん証拠だけあれば、後は自分で考えますという方もいらっしゃると思いますが。

しかし調査を進めていく中で、必ずしも良い結果というわけにもいかないのが現実。
始めよりもさらに多くのストレスがかかる可能性も考えられ、最初思っていたことと気持ちが変わることもあるでしょう。

せっかく調査を依頼すると決めたのならば、誰でも納得いく結果に終わらせたいはずです。
その為にもその後のアフターケアがどこまで用意されている事務所なのかを事前に調べ、より安心して依頼することができます。

また、探偵だけでは解決できない事件性のある内容だった場合でも弁護士や警察への連携をスムーズ対応してくれるケースもあるのでぜひ調べておくことをオススメします。